事務局便り・お知らせ

第2回段位審査会及び全剣連居合道講習会開催について

表題について11月23日宮城県武道館において、第2回段位審査会を実施いたします。それに先立ち午前中は、教士八段及川 武雄先生、教士七段早坂 敏雄先生のご指導による、全剣連居合の講習会を実施いたします。各部会の皆様に周知徹底され、一人でも多くの会員が参加されますようお願い致します。


段位申請書 締切月日 平成22年11月15日(月)必着
学科試験は下記問を解答用紙に記入し審査当日、受付に解答用紙を提出することになります。
段位を受験されます方は、各段位相応の審査料金を審査当日受付に納金願います。(合格した金額を納入、不合格の場合は審査料金以外は払戻)
釣銭のないようご協力願います。


日 時
平成22年11月23日(火)祝日 開館 8時
場 所
宮城県武道館
1
講習会受付
9時00分から
2
講習会
9時30分から12時まで
3
審査会受付
12時20分から
4
段位審査(実技)
13時から
5
審査方法
 
(1)
初段から三段まで
全剣連居合5本。
(2)
四段、五段
全剣連居合4本、古流1本
(3)
全剣連居合は審査当日指定する。古流は任意のものとする。
(4)
刀礼は全剣連居合の礼法による。
 
(5)
昇段審査学科問題
 
下記問題初段〜三段、四段〜五段ともに2問に正確に答えること。
 
□ 初段〜三段
 
  (1)全日本剣道連盟居合解説の一本目「前」の動作5項目を述べよ
 
  (2)各都道府県の大会で模擬刀の使用は認められていることを説明せよ
 
□ 四段〜五段
 
  (1)全剣連居合道講習会「指導要点」三本目「受け流し」の要点7項目を述べよ
 
  (2)日本刀の登録と所持・携帯等及び規制について述べよ

1
段位申請書は楷書で必要事項を正確に記入すること。
2
段位申請書の生年月日は生年(昭和・平成)で記入してください。
3
段位申請書の保証人欄は必ず保証人氏名を記入し捺印すること。
(保証人は居合道七段以上の先生)
4
受験者は既得級位、段位証書の写しを必ず添付すること。
5
証書等の写しはA4に縮小し添付して下さい。

 
以上

(追)
弁当注文を受付けます。当日、事務局までお申込下さい。
 
1ヶ700円 お茶付です。


- 一覧へ戻る -




inserted by FC2 system